転がることさえ夢中なら

地方の茶の間でジャニオタ。アイドル短歌

ジャニーズ楽曲大賞2015に投票しました

ジャニーズ楽曲大賞に投票しました。初めて参加します。

 

楽曲部門1位:「韻踏ィニティ」 関ジャニ∞

浮気お嬢さん!言葉遊びの巧みな歌詞に和風も入りつつノリと勢いで魅せてくれます。最強で無敵で「むかしのまんま」と歌ってくれる曲。私がエイトに見ている夢はこんな感じなのかもなあと思います。 

 

楽曲部門2位:「Smiling Again」 A.B.C-Z

A.B.C-Zにも、多くの人の過去にも重ねられる歌詞だと思います。順風満帆でなくてもそれでいい、とそっと勇気づけてくれるような。「翼が折れても/気にせず行こうよ」「飛んでく力を!/僕たちのこの手に/I’m smiling again」とか、A.B.C-Zだからこそ説得力がある気がします。

  

楽曲部門3位:「RAY」 KAT-TUN

少し暗いファンタジックな世界観に、人形めいた美しさの四人。「奈落までへとフリーフォールで」「シンメトリのアナザー」といった歌詞が似合います。DVDで見たとき、ほんとうに美しかったです。

  

楽曲部門4位:「Moonlight walker」 A.B.C-Z

初のシングル!歌謡曲ちっく、少し洋楽風の懐かしさと大人っぽさと「ワッチャネーム」のジャニーズっぽさ。クールな表情の五人が素敵です。「逃げちゃおうよ」という歌詞に救われています。ブラスの音も大好き。それにしてもはしちゃんは大人っぽいかと思えば可愛かったりするなあ。

  

楽曲部門5位:「記憶」 渋谷すばる

歌の持つシンプルな力を感じさせてくれます。片隅で生きて消ていく営みのささやかな尊さを歌う、すばるさんの力強い声が好きです。生きていくことを諦めるでもなく受け入れる感じ。

 

以下は入れたかった曲です。投票関係なし。

「DARKNESS(LOVEです☆Ver.)」塚だぁくねすfeat.塚☆リカ

V系と女子ドルのコラボを一人でやってのけた曲。闇の世界の住人だぁくねす様がリカちゃんの愛によって救われる物語。「ひなたぼっこ ひまわりゴッホ」とか天才かと。「ゴッホ」でそこはかとない暗さを醸し出しつつ、最終的にはまさに「ノーベル賞級 化学反応!!!」で闇の世界に光が差す。これをライブで一人でやる塚ちゃんって凄い、というかソロ曲としてこれを作る塚ちゃんって凄い…。

 

「PARTY MANIACS」ジャニーズWEST

それまで「ええじゃないか」のイメージが強かったので意外に思った曲でした。EDM調(というらしい)、余裕そうでギラついたハイカースト集団。ただただ格好良すぎる(語彙力)。流星さんの「What?」で崩れ落ちたかったです。

  

MV部門:「Shower Gate」 A.B.C-Z

キラキラと軽やかで大人っぽく、爽やかで幸せな感じのMVです。パーティーでクラッカーを鳴らすシーンはこっちが祝われているような気分になれます。映像が綺麗で、ワンカメだけでも、ダンスだけでも、アクロバットだけでもないアイドルA.B.C-Zが見られるのではないかと。眼鏡をはずす戸塚さんとかPCで仕事する五関さんとか鼻にジャムをつける塚田さんとかベッドにごろんしてるはしちゃんとか河合さんのシャワーシーンとか。勿論ダンスも揃って綺麗だし、「嫌われるのもイヤだし」と歌うはしちゃん(と、そのシーンのお兄ちゃんたち)も可愛いです。

 

未音源化部門:「どしゃぶりヒーロー…Always ふぉ~ゆ~」

ふぉ~ゆ~

なにしろ初のオリジナル曲だし、「イケてる奴なら ほかにもいるけど」という歌詞がつくのがふぉ~ゆ~らしい気がして。ゴゴスマも放送されず(ハマった時期も遅く)聞き込んだ!なんて言えないのについ投票しました。

「勝つんだWIN!」とも迷いました。六人とも本当に赤と黒が似合って、勝ってやると尖ってギラギラしていて、すさまじい勢いを感じさせてくれて、喋れば六人ともなんだかふんわりしていて、最近ふわっと別グループ扱いなのが寂しいです。ちゃんとアナウンスしてほしいけど、されたらされたで嫌な気もする(面倒)。 

 

現場部門:REPAIR~アナタの人生、修理(リペア)しませんか?~

人生をやり直すことはできないが、リペアすることはできる。すべて上手くいったわけでも、全部が幸せだったわけでもないけれど、少し苦くも温かく眩しい舞台でした。

初めての現場、2015年唯一の現場がリペアだったのでこれしかなかったわけですが、本当に見に行けてよかったです。映像にしてほしい。

 

コンビ部門戸塚祥太塚田僚一

迷った挙句「大嫌いで大好き」のインパクトで。それにしても不思議でつかめないコンビだなあと思います。興味深い。もっと知りたいような踏み込んじゃいけないような。

 

自担部門:屋良朝幸

掛け持ち大体事務所担(茶の間)なのですが横山さんも淳太くんも松崎さんも戸塚さんも薮くんもなんとなく違う気がして絞れなくて、迷いに迷った結果「あ、屋良くんでもいいんだよね」と記入して提出してしまいました。今思えばグループ名でも良かったような。

落ちるときって急ですね

明けましておめでとうございます。

昨年末、急に屋良くんに落ちました。我ながらびっくりしました。

小さいころMAを見ていましたが、意識しだしたのは風間くんと出ていた少プレとか、ブリュレの振り付けの件でしょうか。優馬くんのソロコンに関わっていたと知って予約したりしました。

ふぉ~ゆ~を見たくて2013年のShockとプレゾンと2010年の滝沢歌舞伎を購入し、カウコン事前特番が放送されないので何気なくプレゾンから再生することに。「ふぉ~ゆ~がコントをしている」「翼くんが出ている」くらいの知識しかなかったので、メインに屋良くんがいることも知りませんでした。

「水の帰る場所」がいけませんでした。あの美しさに打ちのめされてしまって。私はダンスに関してド素人にもほどがありますが、とにかく暴力的なまでの衝撃を受けてしまったときには手遅れでした。屋良くんと、屋良くんが作り出して表現してくれる世界、物語、ステージに惚れてしまったんだと思います。プレゾンは凄い舞台で、ずっと歌って踊っているしあちこちで高度なことが行われているし、何より格好良くて可愛かったです。

滝沢歌舞伎ではドラムを披露しているし、鋭い表情の悪役は素敵だし、ダンスは言うまでもなく綺麗だし、こどもの日特別公演のYARAレンジャーさんは全力だし(戦い方はダンス・割と弱い・「会場のみんな、ごめんねぇぇぇ!」・松崎さんと数秒のダンスバトル・松崎さんに頭押さえられて腕グルグルしてる・会場の子どもをステージに上げて歌のお兄さんみたいになる)。

思えば小さいころ見ていたMAのお兄さんに今落ちるとは。屋良くんあの中では顔が薄いイメージだったけど米花くんの印象が強すぎたのかな。ドッグファイト行きたかったー。

とりあえずカウコンで見られて嬉しかったです。優馬くんのソロコンBDも楽しみ。通常盤も買えばよかったかな。

ジャニヲタ文芸部 第二回「カウントダウン」

ichigonokimi.hatenablog.jp

 

お題 「カウントダウン」

 

 

5秒前フライングしてクラッカー撃つから笑って馬鹿って呼べよ

 

高揚が弾けて爆ぜる瞬間のジャンキー、終わってほしくないのに

 

新しく名前を付けるこれからの時間はいいことばっかだ多分

 

3,2,1,忘れないってポーズだけ取っとく正方形の写真で

 

ぜったいに来てしまう日を数えては何度もきみを諦めきれない

 

 

「カウントダウン」というと、新しく始まることの明るくわくわくするイメージと、終わりを意識する焦りのようなイメージがありました。あとはセルフタイマーのシャッターとか。最近はあんまりないかもしれませんねー。

 

ジャニヲタ文芸部 第1回「チケット」

ichigonokimi.hatenablog.jp

 

前回参加させていただき、いろいろな方の作品を読むことができてとても楽しかったです。

第1回のお題は「チケット」だそうです。

形式は短歌で参加いたします。以下、投稿文です。

 

 

お題「チケット

 

幸福な時間の保証  夢に見た時間があったことの証明

 

ジョバンニの切符を持った君ならば君のまま遠く遠く遠くへ

 

握りしめた指を剥がせば紙切れはとっくに潰れてしまっていたの

 

1Q84」から落ちた半券に四年前まで連れ戻される

 

日付は多分忘れるだろう

私はKAT-TUNが好きです。外野のファンです。

「買ってよかったもの」としてKAT-TUNのquarterDVDの感想を書こうと下書きに突っ込んでいたらそれどころではなくなりました。良い四人だと、バランスと空気感が素敵なグループだと思っていて、quarterは理想的なコンサートDVDでした。ステージの上と観客席が厳然と分かたれていて、作り込まれて完成度が高く、MCや忘年会や深夜テンションのカラオケビデオ、ビジュアルコメンタリーとマルチアングルまで。あんなコンサートを観たいと思っています。

田口くんの発表は思っていた以上に衝撃的だったらしく、しかも馬鹿なので解散の可能性まで考えが至らず、確かに田口くんが喋っていて亀梨くんがコメントを求められていたのだけど全然理解が及びませんでした。しょうもないツイートを連投しながらアイドルが出るたびキャッキャと沸いていたと思います。横山さんの目が潤んでいるなんて願望がそう見せたんだろうし。

ジャニーズWebの文章を読んでも分かりませんでした。なんで今、10周年を目前にして。本当に駄目だと腑に落ちたのが寝る前で、久しぶりに眠れなくなってしまって、けれど翌日は仕事なので寝ました。

解散は今のところ予定していない、最良の形を協議する、田口くんのこれからは白紙。

応援している人の脱退は思っていた以上の打撃でした。分からないからなおさらなのだと思います。現時点ではあまりに分からない点が多すぎる。

早く「あのときは内心修羅場だったわー」と思いだしたいです。

ジャニヲタ文芸部 第0回「担当」参加しました。

ichigonokimi.hatenablog.jp

 

楽しそうなことを発足してくださった方がいらっしゃいました。形態は「短歌」で参加いたします。

担当への感情とか、呼びかけたいようなことを考え直すきっかけになりました。かなり主観、ノリと勢いで。

以下、投稿文です。

 

お題「担当」

そんなこときみは知らなくていいけれど少なくとも今きみの味方だ

 

分解と再構成で組み立てたきみの表面だけ愛してる

 

きみの見る遠いところは夢の中なんかじゃないと信じさせてよ

 

これからも生きていけると思わせてくれた光に熱がなくても

 

名前のないこの執着をとりあえず愛と呼ぶことくらい許して

 

美しいだけじゃなかったお話をつないでくれる架け橋のきみ

 

悪くない今だと思う 現実の延長線にきみたちがいる

いまさら、ぶ誌を読んだときのこと

はてなブログのジャニーズカテゴリーを読んでいたんですが、淳太くんのぶ誌、そんなに物議を醸していたんですね…。

私は現場にこそ行かなかった(行けなかった)けど、確かに他のGのCDやDVDを買ったし雑誌も買ったし、これは浮気に入りますか。じゃあ浮気者だから来んなというなら行かない方がいいんじゃないかと思いました。だってえび格好いいもん。というか、どっちかというとWESTが浮気相手…。突き放されるなら仕方がないのか、少なくとも淳太くんを応援しない方がいいのか。一途な子だけがいればいいの?新規のファンはいらないの?

茶の間DDなので淳太くんの望む応援の仕方はきっとできないだろうと思います。ジャニーズWEST「だけ」が好き、というわけではないから。

今現在、私の中の「好き」「応援」の割合は、エイトとじゃんぷとえびとWESTが2割ずつ+残り2割で事務所、という感じです。ファンクラブに一番入りたいのはえび。現時点で入るならじゃんぷ。シングルの順位が気になったのはえび(初のシングルだし、じゃんぷとエイトについては心配いらないと思っていたから)。

いやまあ、浮気は素焼きとか許さないとか言ってたからそういう芸風なんでしょうけど。さすがに本気で書いたわけじゃないと思いたい。声音や表情が分からない連載の文字だけだし空白のスクロール長いし表現がストレートだし、「好きな人に非難された」「締め出された」と感じてしまって、ちょっとした瀕死でした。木の実じゃなくて元気のかけらか元気のかたまりをください、キュアじゃなくてリザレクションかけてください。くらいの。

あと、さすがに「WEST以外を応援するなんてWESTのファンじゃない!」的な過激派までは現れないよね?だって淳太くんだって言ってたじゃん!みたいな。ないか。

正直連載を読んだ時のショック具合ならはしちゃん激痩せのときの方が上だったし、まあ淳太くんに言われたところで掛け持ちをやめるわけではないし。今えびとじゃんぷとエイトを捨てることなんて私はできないし、しません。

「そういう芸風だから仕方がない」と思うことにして、ジャニーズWESTのファンでいたいと思います。私が「一途な子」ではない以上、応援しようとしまいと淳太くんには分からないし、関係ないから。