ヒーローは謎のナイスガイ

地方の茶の間でジャニオタ。アイドル短歌

ジャニーズ楽曲大賞2015に投票しました

ジャニーズ楽曲大賞に投票しました。初めて参加します。

 

楽曲部門1位:「韻踏ィニティ」 関ジャニ∞

浮気お嬢さん!言葉遊びの巧みな歌詞に和風も入りつつノリと勢いで魅せてくれます。最強で無敵で「むかしのまんま」と歌ってくれる曲。私がエイトに見ている夢はこんな感じなのかもなあと思います。 

 

楽曲部門2位:「Smiling Again」 A.B.C-Z

A.B.C-Zにも、多くの人の過去にも重ねられる歌詞だと思います。順風満帆でなくてもそれでいい、とそっと勇気づけてくれるような。「翼が折れても/気にせず行こうよ」「飛んでく力を!/僕たちのこの手に/I’m smiling again」とか、A.B.C-Zだからこそ説得力がある気がします。

  

楽曲部門3位:「RAY」 KAT-TUN

少し暗いファンタジックな世界観に、人形めいた美しさの四人。「奈落までへとフリーフォールで」「シンメトリのアナザー」といった歌詞が似合います。DVDで見たとき、ほんとうに美しかったです。

  

楽曲部門4位:「Moonlight walker」 A.B.C-Z

初のシングル!歌謡曲ちっく、少し洋楽風の懐かしさと大人っぽさと「ワッチャネーム」のジャニーズっぽさ。クールな表情の五人が素敵です。「逃げちゃおうよ」という歌詞に救われています。ブラスの音も大好き。それにしてもはしちゃんは大人っぽいかと思えば可愛かったりするなあ。

  

楽曲部門5位:「記憶」 渋谷すばる

歌の持つシンプルな力を感じさせてくれます。片隅で生きて消ていく営みのささやかな尊さを歌う、すばるさんの力強い声が好きです。生きていくことを諦めるでもなく受け入れる感じ。

 

以下は入れたかった曲です。投票関係なし。

「DARKNESS(LOVEです☆Ver.)」塚だぁくねすfeat.塚☆リカ

V系と女子ドルのコラボを一人でやってのけた曲。闇の世界の住人だぁくねす様がリカちゃんの愛によって救われる物語。「ひなたぼっこ ひまわりゴッホ」とか天才かと。「ゴッホ」でそこはかとない暗さを醸し出しつつ、最終的にはまさに「ノーベル賞級 化学反応!!!」で闇の世界に光が差す。これをライブで一人でやる塚ちゃんって凄い、というかソロ曲としてこれを作る塚ちゃんって凄い…。

 

「PARTY MANIACS」ジャニーズWEST

それまで「ええじゃないか」のイメージが強かったので意外に思った曲でした。EDM調(というらしい)、余裕そうでギラついたハイカースト集団。ただただ格好良すぎる(語彙力)。流星さんの「What?」で崩れ落ちたかったです。

  

MV部門:「Shower Gate」 A.B.C-Z

キラキラと軽やかで大人っぽく、爽やかで幸せな感じのMVです。パーティーでクラッカーを鳴らすシーンはこっちが祝われているような気分になれます。映像が綺麗で、ワンカメだけでも、ダンスだけでも、アクロバットだけでもないアイドルA.B.C-Zが見られるのではないかと。眼鏡をはずす戸塚さんとかPCで仕事する五関さんとか鼻にジャムをつける塚田さんとかベッドにごろんしてるはしちゃんとか河合さんのシャワーシーンとか。勿論ダンスも揃って綺麗だし、「嫌われるのもイヤだし」と歌うはしちゃん(と、そのシーンのお兄ちゃんたち)も可愛いです。

 

未音源化部門:「どしゃぶりヒーロー…Always ふぉ~ゆ~」

ふぉ~ゆ~

なにしろ初のオリジナル曲だし、「イケてる奴なら ほかにもいるけど」という歌詞がつくのがふぉ~ゆ~らしい気がして。ゴゴスマも放送されず(ハマった時期も遅く)聞き込んだ!なんて言えないのについ投票しました。

「勝つんだWIN!」とも迷いました。六人とも本当に赤と黒が似合って、勝ってやると尖ってギラギラしていて、すさまじい勢いを感じさせてくれて、喋れば六人ともなんだかふんわりしていて、最近ふわっと別グループ扱いなのが寂しいです。ちゃんとアナウンスしてほしいけど、されたらされたで嫌な気もする(面倒)。 

 

現場部門:REPAIR~アナタの人生、修理(リペア)しませんか?~

人生をやり直すことはできないが、リペアすることはできる。すべて上手くいったわけでも、全部が幸せだったわけでもないけれど、少し苦くも温かく眩しい舞台でした。

初めての現場、2015年唯一の現場がリペアだったのでこれしかなかったわけですが、本当に見に行けてよかったです。映像にしてほしい。

 

コンビ部門戸塚祥太塚田僚一

迷った挙句「大嫌いで大好き」のインパクトで。それにしても不思議でつかめないコンビだなあと思います。興味深い。もっと知りたいような踏み込んじゃいけないような。

 

自担部門:屋良朝幸

掛け持ち大体事務所担(茶の間)なのですが横山さんも淳太くんも松崎さんも戸塚さんも薮くんもなんとなく違う気がして絞れなくて、迷いに迷った結果「あ、屋良くんでもいいんだよね」と記入して提出してしまいました。今思えばグループ名でも良かったような。

落ちるときって急ですね

明けましておめでとうございます。

昨年末、急に屋良くんに落ちました。我ながらびっくりしました。

小さいころMAを見ていましたが、意識しだしたのは風間くんと出ていた少プレとか、ブリュレの振り付けの件でしょうか。優馬くんのソロコンに関わっていたと知って予約したりしました。

ふぉ~ゆ~を見たくて2013年のShockとプレゾンと2010年の滝沢歌舞伎を購入し、カウコン事前特番が放送されないので何気なくプレゾンから再生することに。「ふぉ~ゆ~がコントをしている」「翼くんが出ている」くらいの知識しかなかったので、メインに屋良くんがいることも知りませんでした。

「水の帰る場所」がいけませんでした。あの美しさに打ちのめされてしまって。私はダンスに関してド素人にもほどがありますが、とにかく暴力的なまでの衝撃を受けてしまったときには手遅れでした。屋良くんと、屋良くんが作り出して表現してくれる世界、物語、ステージに惚れてしまったんだと思います。プレゾンは凄い舞台で、ずっと歌って踊っているしあちこちで高度なことが行われているし、何より格好良くて可愛かったです。

滝沢歌舞伎ではドラムを披露しているし、鋭い表情の悪役は素敵だし、ダンスは言うまでもなく綺麗だし、こどもの日特別公演のYARAレンジャーさんは全力だし(戦い方はダンス・割と弱い・「会場のみんな、ごめんねぇぇぇ!」・松崎さんと数秒のダンスバトル・松崎さんに頭押さえられて腕グルグルしてる・会場の子どもをステージに上げて歌のお兄さんみたいになる)。

思えば小さいころ見ていたMAのお兄さんに今落ちるとは。屋良くんあの中では顔が薄いイメージだったけど米花くんの印象が強すぎたのかな。ドッグファイト行きたかったー。

とりあえずカウコンで見られて嬉しかったです。優馬くんのソロコンBDも楽しみ。通常盤も買えばよかったかな。

ジャニヲタ文芸部 第二回「カウントダウン」

ichigonokimi.hatenablog.jp

 

お題 「カウントダウン」

 

 

5秒前フライングしてクラッカー撃つから笑って馬鹿って呼べよ

 

高揚が弾けて爆ぜる瞬間のジャンキー、終わってほしくないのに

 

新しく名前を付けるこれからの時間はいいことばっかだ多分

 

3,2,1,忘れないってポーズだけ取っとく正方形の写真で

 

ぜったいに来てしまう日を数えては何度もきみを諦めきれない

 

 

「カウントダウン」というと、新しく始まることの明るくわくわくするイメージと、終わりを意識する焦りのようなイメージがありました。あとはセルフタイマーのシャッターとか。最近はあんまりないかもしれませんねー。

 

ジャニヲタ文芸部 第1回「チケット」

ichigonokimi.hatenablog.jp

 

前回参加させていただき、いろいろな方の作品を読むことができてとても楽しかったです。

第1回のお題は「チケット」だそうです。

形式は短歌で参加いたします。以下、投稿文です。

 

 

お題「チケット

 

幸福な時間の保証  夢に見た時間があったことの証明

 

ジョバンニの切符を持った君ならば君のまま遠く遠く遠くへ

 

握りしめた指を剥がせば紙切れはとっくに潰れてしまっていたの

 

1Q84」から落ちた半券に四年前まで連れ戻される

 

ジャニヲタ文芸部 第0回「担当」参加しました。

ichigonokimi.hatenablog.jp

 

楽しそうなことを発足してくださった方がいらっしゃいました。形態は「短歌」で参加いたします。

担当への感情とか、呼びかけたいようなことを考え直すきっかけになりました。かなり主観、ノリと勢いで。

以下、投稿文です。

 

お題「担当」

そんなこときみは知らなくていいけれど少なくとも今きみの味方だ

 

分解と再構成で組み立てたきみの表面だけ愛してる

 

きみの見る遠いところは夢の中なんかじゃないと信じさせてよ

 

これからも生きていけると思わせてくれた光に熱がなくても

 

名前のないこの執着をとりあえず愛と呼ぶことくらい許して

 

美しいだけじゃなかったお話をつないでくれる架け橋のきみ

 

悪くない今だと思う 現実の延長線にきみたちがいる

むしゃくしゃしたときに聞きたいジャニーズ曲

なんとなくうまくいかない、むしゃくしゃするときに個人的に聞きたくなるジャニーズ曲です。私は何故かイライラするとラップを聞きたくなります。あと、なんかぶっ飛んだやつ。強くなった気分になれるからでしょうかね。

 

DON’T U EVER STOP / KAT-TUN

攻撃的でかっこいい。パリーンって音もいい。拳突き上げたくなります。逃げずに向き合う歌詞が好きです。聞きながらがしがし歩きたい。

Stop 傷ついて Top 旅立ったあの日から

まっすぐに見つめて Don’t u ever stop 

DON’T U EVER STOP

DON’T U EVER STOP

 

  

 FIRE BEAT / Kis-My-Ft2

最初に気になったキスマイの楽曲。できないくせにヘドバンしたくなる。歌詞が強気で前向きでギラギラしていて好きです。虎視眈々とチャンスを狙う目。

壁を蹴飛ばすんだ

夢を引きずりだせ

いますぐ手に入れるんだ

Kis-My-1st(2枚組アルバム)(初回生産限定盤)

Kis-My-1st(2枚組アルバム)(初回生産限定盤)

 

 

Desperado / A.B.C-Z

我が道突き進め系の歌詞に勇気づけられます。淡々としているようでガツンと来る。ぽつりと入るような「過去に生きるなんてCrazy」「今を捨てるなんてCrazy」にハッとしました。私は結構それを忘れがちなので。

誰に何言われようがAlright

思うように駆け抜けるMy life 

from ABC to Z

from ABC to Z

 

  

Break Out! / ジャニーズWEST

ぶち壊したいのでこちらを。攻撃的で色々拒絶して闇夜を駆け抜ける少年って浪漫ですね。脳内で衣装の裾を翻す淳太くんが再生されます。あの軍帽好きになるしかないやつだった。

俺を止めてみろよ

輝ける この闇夜を駆け抜ける 

 

FOREVER / Hey!Say!JUMP

前に進んでいこうとする勢いのある力強い歌詞。それまで元気で可愛いイメージだったので、かっこいい!と驚いた曲です。初めてちゃんと聞いたCDの1曲目(インスト除く)だったのもあってすごく印象が強かった。ライブDVDもかっこいいよ!

諦めることも出来たけど

まだこみ上げる止まらない衝動

始まるStory 今ここが新時代 

smart【通常盤】

smart【通常盤】

 

 

Your WURLITZER / 渋谷・丸山・安田・錦戸・大倉

一応ユニット曲だそうです。錦戸さん安田さん作、それぞれの楽器ソロもかっこよくて、私はベースソロが特に好きです。すばるさんのためのような曲。すばるさんの歌に全て持っていかれる。アルバムだと次の「West side!!」につながって燃えます。

怠い もう嫌だ 帰りたい 眠い 暑い 寒い 全部終わらせたい

もうみんな僕に預けて

君は弱くない 

JUKE BOX

JUKE BOX

 

 

DARKNESS(LOVEです☆ver)/ 塚だぁくねすfeat.塚☆リカ

ここでだぁ様とリカちゃん投入。V系なだぁくねす様パートでヘドバンしたくなったところにリカちゃん登場。「日向ぼっこ ひまわりゴッホ」のゴッホが暗い気分にも合います。なんていうか塚ちゃんって凄い。色々とすごく凄い。とりあえずDVDが楽しみです。

2つの世界が 重なるその時

ノーベル賞級化学反応!!!

運命の LOVEです☆ 

A.B.Sea Market(通常盤)

A.B.Sea Market(通常盤)

 

 

ぶつかっちゃうよ / Sexy Zone

最後にこちらを。少クラで初めて聞いたときは度肝を抜かれました。何もかもどうでも良くなって許せそうな気になります。ものすごくジャニーズ。終始毒気を抜かれるキラキラトンチキ。「どういうことだよ…」と笑えたら勝ち。 

Sexy Second (通常盤 CD ONLY)

Sexy Second (通常盤 CD ONLY)

 

 

この辺になるとだいぶ気分が治まるような気がします。

逆の作用で「この曲を聞くとイライラしていたときを思い出す」ことのないように気を付けます。いやまあ、聞くのはイラついているときだけではないし大丈夫とは思いますが。

「本棚の10冊で自分を表現する」

#本棚の10冊で自分を表現する」というタグに便乗したもの。好むと好まざるとに関わらず影響されてしまった本・憧れの本という感じで。

 

続きを読む