転がることさえ夢中なら

地方の茶の間でジャニオタ。アイドル短歌

落ちるときって急ですね

明けましておめでとうございます。

昨年末、急に屋良くんに落ちました。我ながらびっくりしました。

小さいころMAを見ていましたが、意識しだしたのは風間くんと出ていた少プレとか、ブリュレの振り付けの件でしょうか。優馬くんのソロコンに関わっていたと知って予約したりしました。

ふぉ~ゆ~を見たくて2013年のShockとプレゾンと2010年の滝沢歌舞伎を購入し、カウコン事前特番が放送されないので何気なくプレゾンから再生することに。「ふぉ~ゆ~がコントをしている」「翼くんが出ている」くらいの知識しかなかったので、メインに屋良くんがいることも知りませんでした。

「水の帰る場所」がいけませんでした。あの美しさに打ちのめされてしまって。私はダンスに関してド素人にもほどがありますが、とにかく暴力的なまでの衝撃を受けてしまったときには手遅れでした。屋良くんと、屋良くんが作り出して表現してくれる世界、物語、ステージに惚れてしまったんだと思います。プレゾンは凄い舞台で、ずっと歌って踊っているしあちこちで高度なことが行われているし、何より格好良くて可愛かったです。

滝沢歌舞伎ではドラムを披露しているし、鋭い表情の悪役は素敵だし、ダンスは言うまでもなく綺麗だし、こどもの日特別公演のYARAレンジャーさんは全力だし(戦い方はダンス・割と弱い・「会場のみんな、ごめんねぇぇぇ!」・松崎さんと数秒のダンスバトル・松崎さんに頭押さえられて腕グルグルしてる・会場の子どもをステージに上げて歌のお兄さんみたいになる)。

思えば小さいころ見ていたMAのお兄さんに今落ちるとは。屋良くんあの中では顔が薄いイメージだったけど米花くんの印象が強すぎたのかな。ドッグファイト行きたかったー。

とりあえずカウコンで見られて嬉しかったです。優馬くんのソロコンBDも楽しみ。通常盤も買えばよかったかな。