読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がることさえ夢中なら

地方の茶の間でジャニオタ。アイドル短歌

アイドル短歌 2015年8月~2016年1月

年末に上げるの忘れてました。まとめるつもりで始めたブログだったのになあ…。

 

何もかも魅力の前にねじ伏せて運命なんか出し抜いてやる

馬鹿だから不在も非在もわからない ここに確かにきみがいたのに

永遠に消えない花火として星になりたかったのだろうあのとき

水槽の中で溺れる夢を見る真昼、伸ばした手はぶつかって

つめたいとあついは似てる 美しい世界に触れて火傷をしたい

こわれやすいものも、こわれたものも、みな愛しいなんて笑える、だけど

恨みにも羨望にも近くて遠い 笑う顔しか思い出せない

 

声も目も指も選んできた道もその名前まであなたは歌だ  #渋谷すばる

音楽の呪いのような祝福を纏って叫び歌えよ獣  #渋谷すばる

美しいかたちに歪むくちびるで貴方はどうか傷つかないで  #横山裕

 

真実の愛を捧げるからおれのままでいさせてくれよカミサマ  #手越祐也

 

身軽さが身上 どんな離れ業だって見事に決めてみせるよ #知念侑李

「この薔薇が大切なのは…」知っている、キツネが教えてくれたと笑う   #山田涼介

 

皮一枚剥げば同じと言い切ってみたい おそらくこの血は赤い #横尾渉

 

帽子から取り出すメッキのお月さま きみが言うなら空にかえそう  A.B.C-Z

月光を味方につけて宙返り「ではお嬢さん、また逢いましょう」  A.B.C-Z

宇宙船さえもう要らない 好き勝手飛び回っては光る星たち   A.B.C-Z

振り払う弱さは優しさのように積もって、きっと、それはきれいだ  #河合郁人

きんいろの粒がぱちぱち音を立てはじける あなたを淡く照らして #塚田僚一

瞳の奥透明な火が渦を巻くようだ 言葉を尽くすあなたは  #戸塚祥太

 

鋭さは脆さだろうか きんいろの夢を見据えるあなたの瞳 #中間淳太

意地を張り通してけもの道を行く真っ赤な舌で笑った子ども #重岡大毅

新しいシャツで見送る八月を懐かしがらないように笑って   #桐山照史

身の内に確かな熱がある 前を、前だけを見ろ、走り続けろ  #重岡大毅

遠くから来たようなひと 確かだと信じることの光をあびて  #藤井流星

真夜中の赤信号を無視できないきみが見つけてくれた飛行機  #桐山照史

柔らかな光に溶ける曖昧な影の深さを恐れない人  #濱田崇裕

 

変わること恐れるなんて もう僕は僕以外にはなれなくなった    #マリウス葉

たましいが未だ器に馴染めないみたいに、僕はまた間違えて #佐藤勝利

爪先で立つ必要はないのだと本当はもう分かってたけど #松島聡

ぱさついた毛先を透かす光まできみの味方だ、信じなくても  #菊池風磨

心からきみが信じている夢の途方もなさを愛しています  #中島健人

化けの皮一枚かぶる気がつけば合わせ鏡の中にひとりで  #佐藤勝利

バスタブに沈んで目を閉じるあいだは透明なものに還れるようで  #佐藤勝利

透明になりゆくようで唇を噛めば血の味 僕は生きてる  #佐藤勝利

 

新しい雪ばかり踏む 手遅れなほど泥はねのブーツを埋めて  #中山優馬

 

目を凝らせ耳を澄ませろ影はまだおれのものだと信じて走れ #平野紫耀

振り向けば動けなくなる 足跡に花が咲いたら思い出してよ  #永瀬廉

きみからのカードの文字は読めなくてラベンダー色の煙に巻かれる #浜中文一

弧を描く唇と指が語らない一場の夢、5分少々  #屋良朝幸

 

絶対の正義ならば揺るがぬはずだ 砕けた刃がおれだけを刺す  (REPAIR)

身の丈に合わぬ速度に酔っている風の音だけ耳を澄ませる  (REPAIR)

傷あとを庇わなくてもよくなると信じる 僕らは走ってゆける  (REPAIR)