読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がることさえ夢中なら

地方の茶の間でジャニオタ。アイドル短歌

夢と希望、林真鳥くんと古謝那伊留くん

ジャニーズ

初めて林真鳥くんを見たのはラッキィィィィィィィ7の宮城公演だった。下手側のメインステージ横スタンド席から、TAMER様の檻を開く真鳥くんを正面に見てしまった。確実に自分よりも可愛かったまと子ちゃんの衝撃さえ吹っ飛んだ。顔の大半がマスクで隠れる衣装だったため誰だったのか分からず、帰ってから調べた。
調べたら優馬コンDVDで綺麗に踊るくせに司会でちょっと出とちって、オーラスのアンコールでステージに上がった屋良さんにさりげなくマイクを手渡していたあの子だった。
思い返せば「横山さんに匹敵する天然だ!?」と衝撃を受けたあの子だった。
ああそうだ、V6のコンサートで、「over」と「スピリット」で泣いていたというあの子だ。

真鳥くんは天才的に顔が可愛い。少なくとも表舞台において、いついかなる時も可愛い。単に物凄く好きな顔なのかもしれない。
なうぇすとで一度近くで見たけれど「粉もん」の間じゅう目が離せなくなったし、目を合わせられなくて咄嗟に顔をそむけたくらい可愛かった。
声だしで指名されて全力のぶりっ子を披露していたときも、流れるようにうさ耳指さし投げキスをしていたときも(しかも振付の決まっている「粉もん」で)、身もふたもないが本当に顔が可愛かった。

真鳥くんはあざとい。自分の持つ武器をよく研究して、丁寧に研いで、涼しい顔で使いこなして、まるで楽しいから踊っているみたいに見える。
最大限に良さを見せつけて魅了しにかかっていて、その罠にハマるのがとても楽しい。真鳥くんは気持ちよく夢を見せてくれると思う。あんなに語尾に付けたハートマークが似合う26歳って何なの。
真鳥くんは自負と自信を持って、楽しくて仕方がないみたいに踊る。場を壊すでもなく、ステージの上の夢を完璧に作り上げる。……と思う。

ライヴっていうのは「ゆめじゃないよ」ってゆう夢をみる場所なんですね(穂村弘

真鳥くんは気持ちよく騙してくれる。公演の間、ゆめじゃないという夢をみせてくれる。そんなところが好きだ。


古謝那伊留くんのイメージは「こっこっ(略)古っ謝那伊留♪」の子だった。ラキセ宮城公演で桐山くんと外周を追いかけっこしていた子。アクロバットが得意で、ジャニーズが好きで、見学の際はお菓子を持って挨拶に行くほど礼儀正しい子。ちりめんじゃこくん。
どちらかといえば温和なイメージだったが、体育会系TVで初めて感情をあらわにする古謝くんを見た。「闘争心がある」、悔しい、負けたくないと懸命に走って走って走る姿。おそらく優馬コンで流した涙とは意味合いの違う涙。

「もうちょっと先輩と後輩の距離感を作ったほうがいいかもって思ってる。自分で考えて気づかなアカンからね。後輩には成長してほしいし、その子たちが先輩から受け継いだことを後輩にちゃんと言うようになってほしい」(Wink up 2016年10月号)

雑誌のインタビューでは現状を危惧していたけれど、無理をしていないか少し心配になってしまう。

古謝くんはあまりに誠実でひたむきで、応援せずにはいられなくなる子だった。

なうぇすとでは立ち位置の関係で、メインステージにいるときを除けば実はあまり見えなかった。
印象的なのは桐山くんが「古謝行け!」と言っていたときと、花道を走り抜けて行ったとき。
花道をジャンプする姿をスローモーションのように覚えている。もう古謝くんは通り過ぎているのに、反射的に大きく手を振った。古謝くんはキラキラしていて、もっと見ていたかった。


私の中で、古謝くんへの応援と真鳥くんへの応援はニュアンスが違う。
古謝くんは祈るような思いで「報われて、評価されて、夢を掴んでほしい」と思う。あまりしょい込みすぎていないか心配になって、活躍に一喜一憂して、つい手を振りたくなる。
古謝くんのひたむきな夢と向上心と闘争心と努力と熱意が眩しくて、励まされて、自分も頑張ろうと思う。書いたこともないファンレターを書きたくなる。どうか幸せになってくれと願ってしまう。
古謝くんが飛躍するのを見たくて、夢を掴むのを見たくて、ステージで光を浴びて輝いているのを見たい。古謝くんのような人がいるなら、世の中捨てたもんじゃないと思えそうで。

真鳥くんは共犯者に近い、と思う。公演のあいだ「ゆめじゃないよ」を作り上げる共犯者。舞台裏が見えない完璧なアイドル。今度はどんな罠に落ちるのか、とてもわくわくする。

大げさに表現すると、古謝くんは希望で真鳥くんは夢だ。


今度機会があったら、大阪の会場だろうが申し込んでしまうかもしれない。彼らに「絶対」はないと最近思い知らされたばかりだ。春松竹もなうぇすとの残りの公演も間に合わないけど、通称(と付けなければならないのがもどかしい)Funky8を見ていたいと思った。ええと、とりあえずFunky8に支払わせてください。